国内外問わず評価の高い和牛。その中でも最高峰と呼ばれるのが日本三大和牛であり、そのトップが松阪牛です。

松阪牛の安全性を守る松阪牛個体識別管理システム

by blogger

松阪牛の美味しさには生産農家の努力がうかがえますよね。

でも、和牛の最高峰である松阪牛。

美味しさも必要ですが、やっぱり安全性も重要です。

和牛の最高峰である松阪牛の安全性が保たれなければ、松阪牛だけでなく和牛全体の信頼を落としてしまうことにもなります。

ここで、登場するのが、松阪牛個体識別管理システム。

松阪牛と認定されるためのポイントでお伝えしましたが、この松阪牛個体識別管理システムがとても重用なんです。

松阪牛個体識別管理システムとは、松阪牛一頭一頭について、どこで生まれたのか、どこの誰が育てたのか、どんな餌を食べたのか、などなど、なんと36項目にもわたって松阪牛の情報を管理しているシステムなんです。

松阪牛と呼ばれる牛はすべてこの松阪牛個体識別管理システムにて管理されているので、消費者はいつでも情報を確認し、安全性を確認できるようになっています。

徹底した管理が松阪牛の安全性を確保しているのですね。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 松阪牛研究者 | Powered by WordPress