国内外問わず評価の高い和牛。その中でも最高峰と呼ばれるのが日本三大和牛であり、そのトップが松阪牛です。

美味しい松阪牛を作るための生産農家の工夫

by blogger

松阪牛として認定されるには、それ相応の条件があるのですね。

でも、それらの条件をクリアしたからといっても美味しくなければ意味がありません。

美味しくなければ、松阪牛自体の評判を落とし、需要が下がり、生産農家はつぶれてしまいます。

そのため、松阪牛の生産農家では、松阪牛らしい美味しさ、消費者の期待に応えられる美味しさを提供するために、松阪牛の生産過程でさまざまな工夫をしています。

たとえば有名なのが、松阪牛にビールを飲ませるということ。

松阪牛は十分に太らせて出荷されます。

そのため、しっかりと栄養を摂ってもらうことが必要。

しかし、牛がリラックスできない状態であったり、夏場の暑い時期の場合であったりすると、食欲を失ってしまいます。

そこでビールが有効なんです。

ビールを飲むことで、胃の環境が整えられ、食欲を失いやすい環境下でも十分に食べられるようになるのです。

また、血行を良くするためにマッサージを取り入れたりもします。

このように、松阪牛は丁寧に管理をされて上で育てられるのです。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 松阪牛研究者 | Powered by WordPress